恋人と距離を置く必要あり?別れのピンチは時間が解決してくれることも

何かがきっかけで恋人に嫌われた、
別れのピンチに陥ってしまった時は
恋人に何を言っても火に油を注ぐ結果になることがあります。

そうやって泥沼にハマってしまうよりは・・・

一度恋人と距離を置く

ということが有効な時もあります。

 

時間が嫌なことを忘れさせる

一時期ものすごく腹が立ったことでも、

「今思い出すとそうでもない」

というようなことはありませんか?

人間の本能的なことで、嫌なことや思い出したくないことを
忘れてしまったり、思い出してもそれ程不快感を覚えなくなります。

そうじゃないとストレスがどんどん蓄積されていき、
やってられなくなってしまうからです。
パンクしないようにそのようになっているとのことです。

 

距離を置くことで仲を修復する

恋人と別れてから復縁を成功させるのには
冷却期間を置くことが有効とされています。

冷却期間とは相手と会うことや連絡を絶つ期間のことです。

それは別れる前であっても有効なことはあり、
一定期間距離を置くことで仲を修復することもあります。

時間が嫌悪感やマンネリ感などを薄れさせて、
それにより恋人との仲を修復させる結果になったり、
距離を置くことでお互いが冷静になることができます。

冷却期間
恋人と距離を置くことで嫌悪感や蟠りを消してしまおう!

 

距離を置くことのデメリット

もちろん、恋人と距離を置くことはメリットだけでなく、
デメリットも考えられ裏目に出ることもあります。

距離を置いたことにより自然消滅してしまう

というような話もよく聞きますし

「距離を置こう」と恋人に話すことにより
恋人が激怒してそのまま別れるなんてこともあります。

距離を置く=別れるという考え方の人もいますし、
「別れてほしいってことだよね?」と言われるリスクもあります。

 

距離を置くべきケースと期間は?

恋人と距離を置くべきケースはどんな時なのか?
これはとても重要ですよね。

先ほど書いたように距離を置くことにより
別れる結果になったり関係を余計に悪くするケースもあるので注意が必要です。

私が考える距離を置くべきケースは

・会ったり話してもケンカになってしまう時

・明らかに恋人から嫌われている時

・お互いが冷静に話が出来なくなっている時

このようなケースの時は下手に恋人と話し合ったり、
挽回しようと取り計らったりするよりも距離を置いたほうが、
結果的に良い方向に向かうことが多いと思います。

お互い頭を冷やすべきとも言えるかもしれません。

そして距離を置く期間ですが、
簡単に言えばお互いが冷静になれるまでということですが
これも短すぎればあまり意味がないですし、
長すぎても自然消滅のリスクがあるので注意です。

 

距離を置くべきか相談してみよう

恋人と距離を置くべきか?期間はどれくらいか?

ということが自分で判断できなかったり、
距離を置くことに不安があるのであれば相談するといいです。

復縁セラピストの小野田ゆうこさんが相談に答えてくれます。

小野田ゆうこメール復縁相談

距離を置く必要がない場合であればそれを教えてくれますし、
距離を置く必要がある場合は期間や注意点などを教えてくれます。

復縁を専門とするメール相談ですが、別れる前であったり、
別れそうになっている場合の修復方法などでも相談に乗ってもらえます。

恋人と別れたくないとお悩みの場合でもおすすめの相談所です!

>> 小野田ゆうこメール復縁相談の詳細はこちら

初回無料で相談可能なので気軽に相談してみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ