別れた後よりも別れる前のほうが恋人の仲は修復しやすい

これってけっこうあたり前なことかもしれませんが、
彼氏(彼女)と別れのピンチに陥っているのであれば

別れた後よりも別れる前のほうが仲は修復しやすいです。

言い換えると復縁よりも仲直りのほうが簡単ってことです。

彼氏(彼女)と別れたくない

あくまでもお互いがまだ別れていないと思っている場合です。

自分は「まだ別れてない」と思っていても
彼氏(彼女)はもう別れたと思っている場合は別です。

まだお互いが別れていないと思っているのであれば、
今のうちに行動することが大事になってきます。

 

気持ちがまだ切れていない

「彼氏(彼女)と別れたくない」

と考えている人は恋人に別れ話を切り出されたけどまだ別れてはいない、
あるいは恋人とケンカをしていたり、恋人が最近冷たくなったなど、
別れ話は出ていないけど別れのピンチと感じている場合のどちらかだと思います。

どちらにしても、彼氏(彼女)も

「どうにか別れを避けられないか?」

という考えている可能性もありあなたに対して
まだ完全には気持ちが切れていないと言えます。

別れてしまうと一度相手は気持ちが切れてしまうので、
復縁するには時間がかかったり大変になりがちです。

一度切れてしまった気持ちを元に戻すことは大変です

だからこそ、まだ彼氏(彼女)の気持ちが切れきっていない
別れが成立する前のほうが仲は修復しやすいのです。

別れ話を切り出されたけどその場で別れが成立しない場合は、
彼氏(彼女)は「別れたい」と伝えることで
あなたが変わることに賭けているのかもしれません。

ある意味危機感を持ってほしいという警告のような感じかもしれません。

 

別れが成立するまでは話す義務がある?

人はどんなに親密に付き合っていた相手であっても、
別れてしまうとほぼ赤の他人になってしまうこともあります。

つまり別れてしまうと、元彼(元カノ)に連絡をしても
無視されるということも珍しくないということです。

復縁しようと相手と話をしようとしてもまともに取り合ってもらえない、
そんなことが多いので別れた後で仲を修復するのは別れる前より難しくなりがちです。

恋人という契約が切れてしまうと話をする義務というのか、
相手との話をする必要性を感じなくなってしまうのです。

逆に別れる前であればとりあえず話をする義務がある
意識する訳でなくてもこのような義務感が誰にでも多少はあるものなのです。

中にはハッキリと別れを切り出さずにうやむやにしたりして
自然消滅を望んだり何も言わないで距離を置く人もいるのですが、

そのような人であっても、相手から連絡がくれば
「それは連絡も来るよな」と面倒でも納得はするものです。

それが別れた後になると

「別れたのになんで連絡してくるんだ!」

という感じで本気で鬱陶しく思われ連絡するだけどんどん嫌われていく、
なんてこともあり連絡するだけでも大変になってしまいがちです。

 

恋人と別れたくないなら別れる前に行動しよう

ここまで別れる前と別れた後では
なぜ別れる前のほうが仲を修復しやすいのか?書きましたが、

最終的に言いたいのは

彼氏(彼女)と別れたくないなら別れる前に行動しよう

っていうことに尽きます!

別れたらそれでおしまいではありませんし、
復縁できる可能性は誰にでも十分にあるものですが、

まだ別れてないのであれば別れる前のほうが仲を修復しやすいですし、
別れを回避できたほうが自分も寂しい思いをしなくていいじゃないですか^^

で、肝心な別れたくないならどんな行動をとればよいのか?ですが

復縁セラピストの小野田ゆうこさんのメール相談がおすすめです。

相談して状況に合わせたアドバイスを貰うのが得策です。

復縁専門の相談となっているのですが、復縁意外でも
「恋人と別れたくない」という方の相談にも答えてくれます。

小野田さんも「別れる前のほうが仲を修復しやすい場合が多い」と仰っていて、
どうすれば彼氏(彼女)との別れを回避できるかアドバイスしてくれます。

こちらから無料で相談可能なので一度相談してみてください。
>> 絶対復縁宣言のメール相談

恋人との仲が悪くなったという場合であっても
状況に合った正しい挽回法を教えてくれると思います。

別れたくない 挽回法

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ